フラワーリース

ウェルカムスペースに馬蹄型リース

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 毎日たくさんのご注文、本当にありがとうございます。 先日花嫁様が結婚式のウェルカムしペースに飾る馬蹄型リースを作りにいらしてくださいました。 ちなみに花嫁様は以前打ち合わせにいらしたときに、アトリエに飾ってあるこの馬蹄型リースをご覧になって、ご依頼を受けました。 約50×70cmもある巨大な馬蹄型リース。 もしよかったらご自身で作ってみませんか? と声をかけたら、作りたい!!!ってなり、実現しました。 ウェルカムリースに合うように、オールドローズをアクセントに花言葉に「色褪せぬ愛」という意味を持つ千日紅をアレンジされました。 馬蹄型リースは、西洋では玄関などに魔除けとして飾ったり、結婚式の引き出物として幸運のお守りとして配られます。 下に向けて飾ると、幸福が降り注ぐと言われています。 馬蹄型リースは本当に人気でご依頼も多く、今年も少しですが販売することにしました。 こちらは25cm×30cmの大きさです。 馬蹄型リースは、リースよりもナチュラルな雰囲気に Instagramt
インテリアフラワー

永遠の象徴とされるリースをご両親に

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 毎日たくさんのご注文、本当にありがとうございます。 結婚式でご両親に贈呈するフレームフラワーをご依頼いただきました。 アトリエのご近所に住む花嫁さま。 何度もアトリエにいらしてくださり、お花の打ち合わせをさせていただきました。 一時は披露宴を取りやめて、ご親族だけでの食事会に変更になったり コロナ禍でなかなか難しい状況の中、晴れて結婚式と披露宴が開催されました。 本当によかった...涙 ご両親に贈呈するお花を話し合っていたところ... リースが好きなんですよね...! ご両親への感謝の想いも一緒に贈りたい... そんな花嫁さまの願いが詰まったフレームフラワーが仕上がりました。 カリグラフィーはマエダユカさん 限られたスペースに文字数がかなり多かったんですが、こんなに素敵に仕上げてくださいました! ブラウンのフレームにネイビーの台紙、めちゃくちゃかっこよかったです!! プリザーブドフラワーの色は、ご両親のおうちの雰囲気などお聞きしながら、決めました。 「色褪せぬ愛」という花言葉を持つ千日紅は、ご両家お揃いです^^ Instagramtお
インテリアフラワー

夜の灯りの下で浮かびあがるホワイトローズ

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 毎日たくさんのご注文、本当にありがとうございます!! バタバタしていて、ブログの更新が滞ってしまいました。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 急に気温が下がり、体調を崩しやすい時なので、管理にはお気をつけください。 さてさて... 新作アレンジをお店にアップしました。 アンティークゴールドのコンポートに、ホワイトのオールドローズをこんもりと盛りました。 このアレンジができあがったのは、夜の時間。 電球のオレンジ色の灯りの下で生まれました。 アトリエでの電気は全て電球色です。 電球色の下では、微妙な色合いの識別が難しく、一度昼白色に替えたことがありますが、全ての色が味気なく見えてしまって、全て電球色にしました。 だけど、電球色の下では色の識別が難しく、作品作りには向いていない環境です。 先日たまたまそんな電球の灯りの中制作をしていたところ、ホワイトだけがきれいに浮かびあがって、きれいに見えることに気がつきました。 そこで急に思い立ち、作ったのがこのアレンジです。   考えてみると、家で過ごす時間て夜電気をつけていることが多くないですか? そんな夜の灯りの中で映えるアレンジは、仕事から帰って来たとき、夕食後ゆっくりするとき、お風呂から出てほっと一息つくときに、癒してくれるのはこんなアレンジなのかなと思いました。 昼間の自然な光では、ナチュラルで凛とした表情を見せてくれます。      Instagram
Uncategorized

友人想いの毒舌なお姫さまをイメージして...

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 毎日たくさんのご注文、本当にありがとうございます!! 少しずつ秋の風が感じられてきて、気持ちのいい季節になってきましたね〜! 結婚式やご結婚祝いのご依頼もたくさんいただき、私まで幸せな気持ちになります。 コロナ禍で結婚式の延期や縮小を余儀なくされて、本当に大変だったと思います。 結婚式ができるようになって、本当に本当によかったね....とつい気持ちが入ってしまいます。 先日ご結婚祝いにご依頼いただいたフレームフラワーです。 花嫁さまが「ホワイト・パステルピンク・パステルオレンジ」が似合いそうということでご依頼いただきました。 もちろんそれだけで作ることもできるんですが...花嫁さまのお人柄やお好きなブランドなどをおうかがいしました。 ご友人だけあって、たくさんのキーワードやお好きなブランドの詳細をおうかがいし、 「友人思いの毒舌なお姫さま」 というキーワードでお作りしました。 「ホワイト・パステルピンク・パステルオレンジ」に深紅色の千日紅を入れました。 当初はご指定されたイメージに深紅色の千日紅を入れるのはなしかな...と迷ったのですが、お好きなブランドがウェッジウッドのワイルドベリーだったので、千日紅バージョンありバージョンとなしバージョン両方画像をお送りし、選んでいただきました。 千日紅なしバージョン↓ 満場一致で千日紅バージョンになりましたとご連絡いただいたときは、花嫁さまのお人柄を聞いて、本当によかった...!と思いました。 きっとお聞きしていなかったら、千日紅を入れることはなかったので... ほんの少しの違いですが、千日紅があるだけで、花嫁さまにぴったりのお花が仕上がりました。 千日紅の花言葉は「色褪せぬ愛」 です。ご夫婦関係はもちろん、ご両親や友人関係、仕事関係...全てにおいて色褪せぬ愛を築いていきたいですよね。 どうぞ喜んでいただだけますように...! そしてたくさんの幸せが訪れますように...! オンラインレッスン現在動画レッスンのみになります。 Instagram
レッスン

ハンギングボールのワンディレッスン

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 毎日たくさんのご注文、本当にありがとうございます!! さてさて... アトリエでのハンギングボールのレッスン、無事に終了しました。 初めましての方や懐かしい方ともお会いできて、本当にうれしかったです...! 本当にありがとうございました!!! 初めてお花を作ったという方もこんな画像を送ってくださいました↓ オンラインレッスン現在動画レッスンのみになります。 Instagram
フラワーリース

モネの色彩をオマージュした秋の森リース

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 毎日たくさんのご注文、本当にありがとうございます!! 9月に入って急に寒くなりましたが、体調崩されていませんか? さてさて... デザイン科のサンプルリースがようやくできました。 このリースは、クロード・モネの「サン=ジェルマンの森の中で」の色彩を落とし込みました。 絵画の色彩をお花で表現するのはとても難しいです...汗 1週間苦しみながら、ようやく納得のいくリースが仕上がりました。 サンプルリースといっても、同じものを作るのではなく、各自選んだモネの絵画から、色彩をリースに落とし込む練習をします。 デザイン科ではオリジナルの作品を作るために、さまざまな方法を実践していきます。 今回のメンバーはテーマに対しての探究心がとても高いため、絵画をオマージュするレッスンを増やすことにしました。 今回もどんなリースができあがるのか...私も楽しみでなりません...! オンラインレッスン現在は動画レッスンのみになります。 Instagram
ガラスフラワー

コロナ禍の中で想いを伝えるガラスのフラワーアレンジ

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 毎日たくさんのご注文、本当にありがとうございます!! 今日から9月ですね。 8月のコロナ感染者数の激増で、計画されていた結婚式や帰省をやむなく中止や延期にされたお話をうかがうと、本当にやるせない気持ちになります。 そんな中、会いに行けない大切な人に感謝やお礼の気持ちを込めたお花の贈り物のお手伝いができること、本当に幸せに思います。 ピンクをテーマにご依頼いただいたアレンジです。 あえておそろいのお花でお作りし、大切な記念日にお届けしました。 黒い縁取りのガラスのふたがつきます↓ また、こちらも結婚式に参列できないお祝いの気持ちを込めて、ブルーをアクセントにお作りしました。   白とブルーのシンプルな組み合わせですが、大切な結婚式に参列できないけど、どうか、どうか幸せにね!!という気持ちが伝わりますように...お作りしました。 先日久しぶりに友人たちとzoomで話しましたが、何度も何度も延長してしまうくらい、名残惜しかったです。 こんなときだからこそ、気持ちを伝えあったりすることがとっても大事だな〜と改めて実感します。 オンラインレッスンはこちらから 現在は動画レッスンのみになります。 Instagram
レッスン

とにかく造形がきれい…!フライングリース

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 デザイン科のレッスンでのフライングリースです。 フライングリースは、直径40cmもあって、横からも下からも上からも見て きれいに見えるように、たくさんのグリーンとお花を入れていきます。 7時間近く集中して作ったので、帰るときには皆さん疲労困憊でしたが、帰ってから 「こんなふうに飾ったよ〜!」 「家族にも好評でした!」 ってうれしいご連絡を続々いただきました。 フライングリースは、見る場所によって表情が変わって、おもしろいです! このフライングリースは、色々な工夫が施されているので、とても造形が美しく仕上がります。 うちにはいたずら猫がいるので、こんなふうには飾れませんが... オンラインレッスンはこちらから 東京都杉並区の小さなアトリエで、少人数のワンディレッスンも開催します。 9月2日(木)キャンセル出ました! Instagram
メディア掲載

ベストフラワーアレンジメントに掲載されました

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 オリンピックも無事に終わりましたが、いかがお過ごしでしょうか? 8月16日発売のベストフラワーアレンジメントに掲載していただきました。 ベストフラワーアレ...
Uncategorized

プリザーブドフラワーの飾り方 〜色を合わせる〜

フレンチスタイルのプリザーブドフラワー専門店コルロールのすだです。 今日は急遽決まった雑誌の掲載用に、壁掛けのフレームフラワーを撮影しました。 雑誌に掲載されるのは縦長の写真ですが、横長も素敵だったので、ブログで見せちゃいますね! アートディレクターの原田さんご指導の元、セッティングしました。 小物は家にあったものをかき集めましたが、色を合わせているので、テーマのあるディスプレイになりました。 フレームのゴールドに合わせて、ゴールドのプランター。 フレームで使っているブルーのプリザーブドフラワーに合わせて、ブルーの花瓶と洋書の背表紙 今回たまたまゴールドとブルーのものがありましたが、お花で使っている他の色(オレンジ、ボルドー)を使ってもまとまると思います。 ボツ写真↓ 右に置いた観葉植物の主張が強すぎて、落ち着きがなくなりました。 全ての小物は主役を引き立てるためにあると考えるんですね。 お花はそのままでもきれいなので、どこに置いても素敵ですが、色を合わせて飾ってみると、魅力が何倍にもなると思うので、ぜひおうちで試してみてください^^ オンラインレッスンはこちらから 東京都杉並区の小さなアトリエで、少人数のワンディレッスンも開催します。 Instagram
Copy and paste this code into your page where you want your add-on to appear:
タイトルとURLをコピーしました